>  > 使い分けることこそテーマ

使い分けることこそテーマ

使い分けもまた、風俗のテーマの一つなんじゃないかなと思うんですよね。どういったことかと言えば、例えばですがオナニーと風俗。両方快感ではありますが、微妙に役割は異なっていると思うんですよ。そして風俗にもいろいろとジャンルがあってそれぞれがすべて同じではありません。どれも微妙に異なるものじゃないですか。だからこそ使い分けることが大切になってくるんですよ。どういった形で利用すべきなのかは、本当にいろいろと考えますよね。風俗のポータルサイトを見れば分かりますけど、本当にいろんなジャンルがあるだけに、じゃあ何を選ぶのか。それだけでも全然違ったものが待っているんです。それに、お財布との兼ね合いだってあるだけに、風俗は「選ぶ」という点が大きなテーマになるんじゃないですかね。そもそも相手をしてくれるであろう女の子だって男が選ぶ側なんです。いろいろな意味で使い分けと選択。それが求められるんじゃないかなって。

辛いわけではないんです

軽いSMを楽しんできたんです。本格的なものはちょっとハードルが高いかなって思ったんですけど、ライトなもの…というか、とある風俗店のオプションで用意されていたんですよね。こういった機会でもなければなかなかSMを味わう機会がないんじゃないかなってことで興味本位ではあるものの活用してきたんですよ。当初はもっと痛かったり辛いって感じるものなのかなって思ったんですけど実際にはそんなことはありませんでしたね。むしろ軽い痛みが次第に快感に変わっていくんですよ。これがSMの醍醐味なんだろうなって自分でも思いました。初めは痛みだったものが次第になぜだか快感に変わっていくんです。不思議で仕方がないんですけど、それだけ相手をしてくれた女王様が上手だったからなのかもしれません。風俗っていろんな選択肢があるので楽しみ方も本当に千差万別だとは思いますけど、まさかSMまで楽しめるとは思っていませんでしたし、何より最高でしたよ。

[ 2017-03-20 ]

カテゴリ: 風俗体験談